働く女性ひろば
手帳の正しい使い方

もう一年も残すところ2週間程で終わります。この季節になると手帳も来年のものが発売されてきます。手帳は来年からだけのものではなく、今年の10月頃から使えるものもあります。柄や機能も様々あり、仕事で使う方用のものや趣味や日課の記録を残すことができるもの等あります。
働く女性にとって手帳は一か月、一週間、一日の予定をすぐにチェックすることができ、欠かせない存在になっているという方もいます。そこで気になるのは手帳の正しい使い方です。人によって使い方は様々ですが、どう使うのが一番優れているのが気になるところです。
手帳は主に予定を書くものです。予定といってもプライベート、仕事と書くことがたくさんありますが、色分けをすることにより見やすくなります。予定だけでなく、目標ややりたいことを書き出してみることも大切です。目標を書くことにより手帳を見るたびに頑張ろうという前向きな気持ちになることもできます。またやりたいことを書き出すことにより、手が空いた時間を有効に使うこともできます。出張、プライベートで旅行等出掛ける時でも持ち物を書き出しておけば忘れ物がなくなり、出掛ける時に見直すことができ、便利です。
手帳で仕事の効率をあげ、またプライベートの時間も充実させていきましょう。

お役立ちサイト情報

タビマスターズ

オフィスで高感度UPのメイク法

仕事をしている女性は、いつも綺麗にメイクをして身だしなみには注意しておきたいものです。
そんな働く女性のオフィスで高感度を持たれるメイクは、やはりナチュラルメイクが基本です。まず派手な化粧は控えましょう。オフィスは仕事をする場であり、遊びに行く場所ではありません。濃すぎるメイクは場違いでもあります。
ナチュラルメイクのテクニックとして、まず下地やファンデーションは塗りすぎないようにしましょう。そして大切なのは口紅の色です。真っ赤や濃い色は控え、ベージュピンクやサーモンピンクなどの自然な色を選びましょう。
またチークはオレンジ系にすると、知的な雰囲気に見えます。チークを塗らなければ顔色が悪く見えるので、オフイスで明るく活発な女性として見られるためにチークは塗っておくようにしましょう。
また目元のメイクも大切です。やる気や意志の強さは、目力としても表れるので、綺麗に黒のアイラインを引いて、まつ毛はビューラ―でカールさせてマスカラも適度に付けておきましょう。付け過ぎは派手に見えるのでよくありません。つけまつげもボリュームのありすぎるものは控えましょう。
塗りすぎず控えめに上品に仕上げるのが、オフィスでのメイクの基本です。