働く女性ひろば
オフィスエレベーターの正しい乗り方

オフィスにあるエレベーターを礼儀正しく乗りこなすことによって働く女性という印象も尽きますし、きちんとした常識があると思われます。
エレベーターにも上座や下座といったものがあるため、会社に入りたての新人は操作盤の前に立って移動することが好ましいです。この操作盤の後ろが一番の上座になるため、上司や自分より社会的地位が高い人に移動してもらうようにします。
ちょっとしたさりげない気配りで働く女性のイメージをより強くしてくれます。
ワンポイントの注意点としてはすでに人が乗っているときは扉を抑えてどうぞと勧めてあげることが良いとされます。また、目上の人と一緒に乗っている場合には扉を抑えてどうぞと先に降りてもらうように心がけることがお勧めです。気持ちよく降りてもらい相手に嫌な印象を与えることがないのがポイントです。このようなちょっとした気配りを注意することで仕事の評価も上がり、細かな点も見ることができます。上司以外でも来客の人と一緒に乗るケースなど様々な状況が考えられるため、きちんと理解しておくことで咄嗟の状況にも対応できます。会社の社員の対応が良いことで得意先の印象が良くなり、会社の取引が増加する可能性も考えられます。